作業服名入れの注意点

作業服に社名などの名入りが入っていることで仕事への意識が変わるという意見もあります。しかし、作業服に刺繍やプリントのネーム入れをすることで値段が高くなってしまったり、納期が長引いてしまうという不安がある人もいることと思います。その他にも、書体や色、加工場所が選べなかったり、アフターフォローサービスが充実していないと困ってしまいます。刺繍やプリントに関して、どのような点を気をつければ良いのでしょうか。

インターネットサイト作業服の名入れを刺繍で行うことのメリットは、選択に強く、立体感が出るため、仕上がりに存在感ができます。また、デメリットとしては、大きさや細さに制約があります。そのため、小さすぎるサイズの加工に向かないということが挙げられます。転写プリントで名入れをするメリットは、フチなしの綺麗な仕上がりが文字中心の大きいサイズであれば可能になります。また、金銀の色表現も可能です。しかし、基本色のみの色の対応となり、複雑なものはカットできません。

作業服の名入れにはさまざまな種類があります。また、サポートなどの管理体制がしっかりしている企業を選ぶ必要がありますので、そのようなことをインターネットサイトなどでアピールしているところを選ぶことが重要だと言えるでしょう。


関連記事

  1. 通販で作業服を買う
  2. メリットのあるサイト
  3. サンプル貸出を狙う
Pocket